2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
FLAT HEAD
2014/05/26(Mon)
お久しぶりでございます。

GW中にメバルの釣果をカキコして以来・・・・・。
行ってない訳ではないが、御蔵入り釣行が2回ほど。
天気が悪いわ、タイミング悪いわであっと言う間に5月下旬(苦笑)

やっとマトモな釣行記が(笑)

土曜日は会社の同僚の結婚式で酒田まで。
酒も入るので、日曜の早朝に照準を定め二次会もそこそこで帰宅。

次の日やっぱり寝過ごして、慌てて出発したのは午前4時。
ヴァー明るいじゃん。青物狙うには遅いか?????
一旦出発するが・・・・・・・・・スパイク忘れて戻ったり。
準備が全くなってない・・・orz

何だかんだで、ポイント到着が午前4時半過ぎ。
ポイントへ入ると先行者。
丁度釣り上げた様子。
釣れましたね~のジェスチャーのつもりが、先行者には隣大丈夫ですか?
と伝わったらしく、どうぞどうぞと近場を指差したので、礼を言って遠慮なく何時もの所へ。

いやーしかし風向きの悪い事。
南東の風が強烈で、40gのメタルジグをキャストしてるが、左から右へとグイグイ流される。
先行者に絡まないよう、流される距離を予測し左の方向へキャスト、更にサミングでバフら無い様に・・・
とまあこんな感じでキャストすること数投目・・・・。

ゴゴン!!!

青物特有の引きに感動したが、残念ながら微妙なサイズのイナダ様。
アオコだなコイツは!!
IMG_55411.jpg

潮の流れと風で、サイズよりも強いトルク!!
でもアオコ(苦笑)
IMG_55431.jpg

そんな中、ディープレンジでゴゴン!!

サイズアップを予感させる強い引き・・・・。
ドラグが鳴くし、いよいよアオコ、サヨナラか???
と、青物相手の雑なやり取りでグリグリ巻き上げる。

結構巻き上げてるのに、白い魚影が見えない・・・・・。

ん?茶色?

おあああああ!
ラッキー、ヒラメじゃん。
突然人が変わったように、慎重にやり取り(爆笑)

アオコより、イナダよりズーーーーっと良い( ´ ▽ ` )

やった!やった!ヒラメ!ヒラメ!

ヒラメ?

ヒラ・・・・・・・・メ???????


足元まで来た所で、波間に揉まれて暴れる姿は、どの角度からもヒラメの菱形に見えない。

はて?

誰だオメー????

数秒後・・・・魚種が判明。

きゃーーーーーーーーアナタ様は!!
更に慎重に(滝汗)
波が荒くネットに入らないし、慌てれば慌てるほど上手く行かない。
アオコなど余裕だったのに(苦笑)

漸くネットIN。

ジャーーン!

人生初HIT!!

マゴチ 53cm

IMG_55501.jpg

◆マゴチ (真鯒、Platycephalus sp.)
カサゴ目コチ科に属する魚類。日本近海に分布するコチの中では大型の種類で、美味な食用魚でもある。地方名にはホンゴチ、クロゴチ(西日本)、ゴチゴロウ、ゴチゴロ、ゼニゴチ(長崎県)、スゴチ(愛媛県)などがある。
◆特徴
全長は50cmほどだが、最大1mほどの大型個体もたまに漁獲される。なおカサゴ目のコチは雄性先熟の性転換をおこなうことが知られ、マゴチの場合は全長40cmを超える大型個体は全てメスである。
体は上から押しつぶされたように左右に平たい。特に頭部がシャベルのように左右に平たいことから、英語でのコチ類の総称は「平たい頭」(Flathead)である。口は大きく、下顎が上顎より前に突き出ている。目は小さく、下顎の先端は丸い。胸びれに小さな褐色の斑点がある。腹側は白いが、背中側は黄褐色-褐色をしていて、細かいまだら模様がある。ただし、海底の砂泥の色に合わせて体色をある程度変えることもできる。
◆生態
日本の分布域は、日本海側は新潟県以南、太平洋側は宮城県以南とされる。なお、マゴチや近縁種のヨシノゴチは、奄美大島以南の太平洋、インド洋、地中海に分布する Platycephalus indicus と同一種とされていたが、研究が進み別種とされるようになった。ただし、まだ学名が決まっていないので、学名は"Platycephalus sp. "( コチ属の一種)という表現がされる。
海岸から水深30mほどまでの砂泥底に生息する。夏は海岸近くに寄ってきて、砂浜海岸や干潟の海中などでも姿を見ることができ、河口などの汽水域にもよく侵入するが、冬はやや深場に移る。

海底の砂底に腹をつけて生活する底生魚で、あまり動き回らずに平たい体と褐色の体色で砂底に擬態し、敵や獲物の目をあざむく。砂底に浅くもぐることもできるので、ぱっと見たくらいでは砂底と見分けがつかない。海岸を泳いでいると、目の前の砂底から突然マゴチが飛び出て逃げだし、こちらが驚かされることもある。

食性は肉食性で、クルマエビ類やテッポウエビ類、小型のタコやイカ、ハゼやキスなど、気づかずに接近する小動物を大きな口で捕食する。キス釣りなどで釣り上げた小魚に喰いつき、釣りあがることもある。

産卵期は初夏で、海岸近くの浅場で産卵する。稚魚は最初浮遊生活を送るが、やがて底生生活に移る。
by Wikipedia
IMG_55671.jpg
ズーナマみたいだな。
IMG_55591.jpg
と言う訳で、反応が無くなったので、終了しましたとさ。

マゴチの捌き方が不明なので、ネットで情報収集。
骨が太いし、大変。

★カマの塩焼き
IMG_55811.jpg
★マゴチの薄造り
IMG_55901.jpg
切れ味の良い、刺身包丁が欲しいところ(苦笑)
もみじおろし(手抜きで粉唐辛子を混ぜて)とポン酢で!


激ウマ!!(⌒▽⌒)


大満足。
また、釣れないかな~(笑)

【Tackle】
ROD:Major Craft TC-962PE
REEL:10CERTATE 3000
LINE:PE SUPER BRAID 1.5号 
LURE:JACKAL Laser JIG・・・etc

【Result】
マゴチ53cm×1、アオコ数匹
スポンサーサイト
この記事のURL | JIGGING | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<メンテナンスDAY・・・ | メイン | Round2 K港攻撃>>
コメント
-  -
お初です(*^_^*)
隣に居た者です。
まごち旨そうでしたね。
風が強かったけど、釣れていがったいがった~(^^)/~~~
2014/05/27 07:33  | URL | GIGA #-[ 編集] ▲ top
-  -
★GIGAさん

初めまして(⌒▽⌒)
先日は、隣に入れて頂きありがとうございました。
熟練アングラーと、お見受けしました。
お顔は、インプットしましたので、また何処かでお会いできれば嬉しいです。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
2014/05/27 12:21  | URL | 研ちゃん #-[ 編集] ▲ top
-  -
お見事!

こちらもそろそろ始動しないと。
とりあえずは、スズキ探していろいろ出没します!
2014/05/27 20:35  | URL | マチャキ #-[ 編集] ▲ top
-  -
★マチャさん

何やら、酒田の火力付近で怪魚も釣れた様で(笑)
そろそろシーバスも騒ぎ出すんじゃないですか???
そん時は御一緒しましょ!
2014/05/27 21:33  | URL | 研ちゃん #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://madengi.blog20.fc2.com/tb.php/467-9d0bf3ef

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。