2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブルーの魚影・・・・
2013/10/22(Tue)
またしても、酒田沖へ出撃。

今回のメンバーはnikuziru船長と船頭さん。
PA2105351.jpg
予報は波0mで周りの船も臨戦体制。

さてさて、何が釣れるか???
今回は、何時ものとこより結構沖目。

到着して、何を始めようか?
みんなはカブラで、俺はメタルジグ。

一投目から早々にHIT!!

何だろう???イナダ?
引きは少々軽い。
寄せてきて判明。
海面に浮かび上がるブルーの魚影。

シイラ


船まで来たところで、だいぶ抵抗されたが、初シイラで嬉しい(爆笑)
PA2105411.jpg
通称『ペンペン』って言うそうな(笑)
しかも、nikuziruさんのカブラにまでHIT!
恐らく見えている魚探の魚影はみんなシイラじゃね?
とか言いながら、nikuziruさんのカブラにだけ、キジハタが釣れる。
真似したけどダメでした~。

そんなこんなで、リトライしながら流したけど、ウネリがが大きくなったので、
岸寄りへ戻る事に。
PA2105471.jpg

しかし、アジが居ないんですよ。
ポツポツがインターバルで来る程度。
アジは何処に行ったもんですかね???

そんな状況を払拭してくれたのが、

イナダ

其処らじゅうにナブラ ナブラ ナブラ~!!!!

お土産のサビキにも2本も掛かると強靭なロッドもティップが海面に突き刺さる。
暴力的な引き&血の海。
PA2105441.jpg
最初はnikuziruさんが丁寧に血抜きしてくれてたんだけど、もう面倒になるくらいに釣れる釣れる。
もう、アジそっちのけでサビキを放置して、メタルジグでナブラ打ち。
ワンキャストワンHIT状態。
キャストして、ショートジャークにゴゴン!!!
しかも、脂が乗って太った魚体のトルクたるや、半端ない。
時々、スレ掛りで尋常じゃないPOWERで暴れまくる。
PEはブチ切れるし、スイベル伸ばされ、ジグ持っていかれるし。
正に戦場(笑)

そんな中、またもや珍客が。

前回も登場した

コダツ


PA2105501.jpg

ダツ(駄津)は、ダツ目ダツ科(Belonidae)に分類される魚の総称。狭義にはその中の一種 Strongylura anastomella の和名である。


概要

全世界の熱帯・温帯域から10属・32種が知られ、うち日本には4属・8種が分布する。日本のダツ類は浅い海に生息するものばかりだが、日本以外の熱帯域には汽水域や淡水域に生息する種類がいる。

同じダツ目のサヨリやサンマと同じく、前後に細長い体を持つが、ダツ類は両顎が前方に長くとがるのが特徴で、英名のNeedlefish(針の魚)もここに由来する。両顎はわずかに湾曲し、後方では閉じることができない。また、顎には鋭い歯もある。

背中側の体色は青いが、体側から腹面は銀白色をしている。ひれは小さく、胸びれ以外のひれは体の後半部に集中する。骨は青色や緑色をしており気持ち悪がられることが多いが、肉は半透明の白色で食用となる。

サヨリ、サンマ、トビウオ、メダカなどと同じダツ目に属し、これらと同じように沿岸域の表層(水面に近い所)に群れをなして生活する。尾びれをすばやく振って高速で泳ぎ回り、おもに小魚を捕食する。

捕食の際は小魚の鱗で反射した光に敏感に反応し、突進する性質がある。暗夜にダツが生息する海域をライトで照らすと、ダツが突進してくることがあるので夜間の潜水はとくに注意が必要である。実際にダツが人体に刺さって死傷する事故も多く、刺さると回転してさらに傷が広がる。沖縄県の漁師には、昔から「ダツは鮫より怖い」と言われているそうである[1]。ダツが刺さった時はむやみに抜くと出血多量に陥る場合があるので、抜かずに慎重に病院に行く。
by Wikipedia

nikuziruさんは刺身で食った事あるそうで、食べてみろと(汗)
味の保証はないが、不味くはないと・・・・。
そこまで言うなら、キープってみようかな???

結局昼過ぎまでイナダと戯れポイントを後にした。
PA2105551.jpg

お疲れ様でした!
PA2105581.jpg

どのクーラーBOXもイナダで満たされ。
PA2105601.jpg

イナダがズッシリ(笑)
PA2105621.jpg

えええええっと、上の青みの銀ピカ君は、何だっけ??
ホウボウでね~し、イシモチ?だっけか?、あと赤いのがキジハタ。
PA2105661.jpg

腹も減ったので、帰りに皆で『大丸』へ。
初めて来たラーメン屋さん。
DAIMARU.jpg

もちもちした食感のラーメン大盛り(自爆)
IMG_46781.jpg

旨い!!
でも、大盛りは大過ぎかもしれないので注意です(笑)

家に帰り、早速調理開始。
まず、シイラは食べた事がない。
PA2105791.jpg

フライで食べろとの教えに背き、あえて面倒でないオリーブオイルでソテーに。
見た目は美味そうに仕上がったが・・・。
PA2105821.jpg

実食!!

マズイ!調理法とかの問題ではなく、本気でマズイ・・・orz
もし、次ぎ釣れたらリリース決定(爆)

続いて、コダツを刺身に・・・・
背骨は噂通りの翡翠の色合いで、身はサヨリに近い色合い・・・・(汗)
PA2105851.jpg

実食!!

んんんんんん・・・・・・・分かんない(爆)
2切れ3切れ食べてみたが・・・・・・・旨くもなく不味くもなく・・・んんんん・・・・分からん。

美味しかったのは、脂の乗ったイナダとアジの刺身。
これは、絶品!!!

今回は、イナダフィーバーで最高おもろかった~(笑)

nikuziruさん、船頭さん、また誘ってくださいね!
スポンサーサイト
この記事のURL | Offshore | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<まだ行けるのか??庄内アオリイカ | メイン | カブラで**>>
コメント
-  -
大丸の大盛りは2玉くらい入ってるので・・・いい大人は普通盛りダヨ~www

イナダ良いな~。
2013/10/22 23:01  | URL | マチャキ #-[ 編集] ▲ top
-  -
★マチャさん

やっぱりー(爆)
どうも、バイキングと大盛りだけは大好きで(自爆)

イナダもそろそろ、離岸あたりで釣れると思うよ~。
だいぶ接近してきてるから。
2013/10/23 08:13  | URL | 研ちゃん #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://madengi.blog20.fc2.com/tb.php/454-c2f5e959

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。