2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
なんちゃってジグヘッド
2012/01/14(Sat)
冬期間の暇つぶしと思い検索・・・・・・・・・・・・発見!
えへへへへへ。

メバル用ジグヘッド自作!!!

P6180029111.jpg
良いサイト見つけちゃった。

しかも簡単で、超安価
↑これ超重要。

そう言えば、2年ほど前に、自作ジグヘッドと称してフック+ガン玉でやってたっけな~。
でも数投するとガン玉は何処???
正直駄作

ところが今回は、形状もある程度表現できるし、アイを完全ホールドするので剛性アップ(笑)
てな事で、ベース形状はこれ。

GAMAKATSU:コブラ

あのなんとも言えない独特の菱形フォルム。


6618711.jpg

では早速、
★準備するもの
P11404911.jpg
①ステンレス容器
②石粉ねんど
③はんだ(HEXSOL:鉛フリー/ヤニ無し)
④ステンレス用フラックス(SUSSOL-F)
⑤はんだごて
⑥ジグヘッド用フック(GamakatsuJIG29 SIZEお好み):¥190 9本入り

★作成手順
①ステンレス容器の底から、しっかり容器縁まで石粉ねんどを詰める。
P11404951.jpg
②容器をひっくり返して、テーブル等のフラットな面に強く押し付ける。
捻りながら押し付けるといいかも。
P11404961.jpg
③余分な粘土は定規等を使用し削ぎ落とす。
P11404981.jpg
④ジグヘッドをある程度離して、シャンクの跡を付けるぐらい押し当てる。シャンクの跡は、フックのセンタリングの目安になるので、重要っす。
P11405001.jpg
⑤静かにジグを抜き取る。
出来上がりからもわかるが、ジグを押し付けることで余分な粘土が盛り上がるので、再度ひっくり返して、表面を平らに均す。
P11405041.jpg
⑥はんだを鋳込み、準備する。
ちなみに黄色く成っている隣接の型は、ヤニ入りはんだで試した結果で、想像通りNG。
ヤニ無しでやった方が絶対良い
P11405071.jpg
⑦フックを準備し、再度鋳込んだはんだを溶かし、ステンレス用フラックスにフックアイ周辺を浸し、バランスを取りながら溶けたハンダの中に差し込む。昔買った赤針WWW
P11405061.jpg
⑧フックがはんだに馴染んで、形状がある程度良さそうだったら、はんだごてを外し、フックを持ったまま数秒間待つ。
固まったのを見計らって、抜き上げる。
後は、ヤスリで形状を整え完成。
P11405101.jpg
⑨型を取ったサイズから比較すれば、少々小さ目に成るので、想定して作りましょう。
P11405121.jpg
⑩こんな感じで、自作ジグヘッド大量生産
少々歪はご愛嬌WWW
P11405081.jpg
慣れれば、もう少し綺麗にできるかも。


んんん・・・・命名:スイミング小振り?(爆)

お試しあれ♪

↓ランキング参加中。よろしければポチットお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ありがとう御座います。
スポンサーサイト
この記事のURL | ハンドメイド&チューニング | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<萌える・・・・AKM48 | メイン | 2012年 昇月会 新年会>>
コメント
-  -
研ちゃんはそうやってなんでも作れちゃうからいいよね(凄っ)

この後はヘッドにも塗装を施しちゃったりするの?
2012/01/15 11:22  | URL | JP #GJ7BxEmw[ 編集] ▲ top
-  -
★JPさん

塗っちゃうのは有りでしょうね~。
赤ヘッド?
っすかね~。
2012/01/15 13:07  | URL | 研ちゃん #-[ 編集] ▲ top
-  -
コブラより小振りだから
スイミング・マムシでいいんじゃない。笑
2012/01/17 21:59  | URL | gajin #kKkWy9Es[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://madengi.blog20.fc2.com/tb.php/347-82639fc7

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。