2017 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2017 03
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2015 GW初日
2015/04/30(Thu)
久しぶりに、けっけさんを誘い真鯛狙いで、出船。

P42900621.jpg

目指すは前回のHITポイント。
多少のウネリは有るが、日本海側で100%船酔いのけっけさんも、
大丈夫でしょう!

今回の秘密兵器は

爆釣JIGⅡ鯛ジギチューン
BJ80CII 90mm 80g

IMG_57481.jpg
GUN吉
#GK60-004 コットンキャンディー 100mm 80g

IMG_57461.jpg
ソルティガ サクリファイスII リーフ
MGブルピン120mm 100g

IMG_57471.jpg
クレイジグ波動DEEP30g
PARA MAX
084:ロックフィッシュインパクト
対根物用

IMG_57441.jpg
行く度にアイテムが増える(苦笑)

事前情報よりワラサも居るとの事で、ポイント到着早々にメタルジグをフルキャスト。
水深約100mポイントなので着底まで時間が掛かる。
しかし、今日は川の流れの様に、西に向かう流れが強烈で、グイグイジグが流される。
着底待っていたらラインが幾ら有っても足りないくらいなので、残量見ながらシャクリ上げる。
ロングジャークで潮流感じながら探って行く・・・・。

ゴゴン!!!

反射的に合わせをくれてやると強制的にジグがストップし、青物特有の強烈な引き!
ロッドが見えない魚に向かい弧を描く。
いや~これは間違いなくワラサでしょう!
グリグリ巻き上げるが、だいぶライン流していたので中々寄って来ない。
漸く足元に来ても、船底が見えるとドラグがズィーーーーーーと出されて
抵抗され、ティップが海面に刺さりそう。
腕が苦しいが青物の引きは格別である。
こんな遣り取りで、やっとこネットイン。
Mクラスのロッドはホント辛い。
P42900641.jpg
時合いがあるので、このチャンスタイムは逃さず、青物に集中!
底でも無く、表層でもない、激流の中層付近が好反応。
しかもNEWアイテムより、安いオレンジのジグに好反応(笑)

そんなこんなで、3本目を掛けた時に視界に黒い大きな物体が海面を割って、
また消えて・・・。

え?

イルカじゃねーかよ!!!!!

掛かったワラサが、更に暴れてもう大変。
これで、イルカ掛かったら洒落に成らない(超滝汗)
賢いイルカは流石に食わず通り過ぎ、ネットイン。

見渡せば、イルカの群れの中に船がある状況に。

この事件を堺に、ピタリと魚の反応が途絶える・・・。

丸の中に居たんですが撮れてませんでした・・・・・難しいorz
P42900711.jpg

ここから、マッタリとした時間が流れる。
魚群探知機の反応はあるが、食わない・・・・。

何度もポイントの潮上に船を入れて流すが、全く食わない。
やっとの思いでカブラタックルにジグの組み合わせで、真鯛の反応が。
向こうアワセ的な釣法バッチリ!
しかし、サイズが塩焼きサイズ35cmくらい。
P42900661.jpg
スピードジグ CV(コンパクトヴァージョン)
MGグリーンゴールド94mm 80g


しかし、後が続かない。
湖面の様・・・・・orz
P42900691.jpg

粘るも塩焼きサイズ1枚追加し、終了しましたとさ。

いやーしんどい。
P42900731.jpg
何時もは陸側から見ている景色を逆から見ながら帰港。
到着間近に風が吹いてきて波立ってパシャリ。
ズッコケて斜め(汗)
P42900881.jpg
天気だけはイイんですよね~( ̄▽ ̄)
P42900971.jpg

本日の釣果。
P42900991.jpg
P42901031.jpg
口の角は角張ってるし、黄色のラインと胸鰭間に隙間があるし、どー見てもワラサだな。
P42901011.jpg
P42901051.jpg

Y課長、けっけさん。
タイミング合えば、リベンジ行きましょうm(_ _)m


【Tackle】
Rod:Major Craft TC-962PE
REEL:10CERTATE 3000
 PE:VARIVAS AVANI SeaBass MAX POWER 1.5号
LURE:謎の40gジグ

【カブラTackle】
Rod:PAGRO GSONPC-63ML
REEL:AGGREST 100SHL
 PE:PE 2.0号
LURE:スピードジグ CV(コンパクトヴァージョン)
    MGグリーンゴールド94mm 80g

【Result】
 ワラサ:3、イナダ:1、真鯛:2
スポンサーサイト
この記事のURL | Offshore | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最高の日・・・・
2015/03/17(Tue)
お久しぶりでございます。

3月15日、会社のM課長のお誘いで、お初?の釣友Tさんと3人で出撃!
向かうはK沖合。

久しぶりの船なので些か緊張(苦笑)
IMG_54311.jpg
しかも、自分が行くと天候が荒れるジンクスが・・・・・orz。
案の定、予報は凪らしいのだが大きなウネリが行く手を阻む。

ダッパーン!!

時折クーラーBOXに座った体が宙に浮く(超滝汗)

漸くポイント到着。
ふ~長かったぜ~!!
IMG_54351.jpg
視界には既に数十隻の船。
IMG_544811.gif

さっそく、カブラタックルで釣行開始!
水深90mくらいと言う事で、重めのカブラで落とし込むがなかなか着底しない。
確かに深い!

開始数投目で、ググググンっとティップが海面に刺さって行く。

これは、真鯛の反応!!

合わせを入れずに定速で巻き続け、ラインに重さが乗ったらグイグイ巻き上げて、フッキング!

キタ━(゚∀゚)━!

お久しぶりの40オーバーの真鯛!
IMG_544111.gif
幸先良かったが、その後3連続バラシ。
何と言うか、向こう合わせ的な?自然に刺さるのを待つ?
の様な決してアタリに反応して合わせを喰らわせては成らぬ、真鯛の掟(笑)
ゴタクを並べたが、要するに掛かりが浅い。

と言う事で、もともとハイギア仕様のベイトリールなので、
ゆっくりゆっくり巻いて間を与えるように変更。
すると、バラシが激減しフッキング率が向上。
IMG_543911.gif

時合いは有るものの、サイズが揃っており、60cm超えるとロッドが異常にブチ曲がり、
キツ目のドラグが、ズルルーーーズルーーーーっと出される。
このロッド購入して2年なるけど、これだけ炸裂した事がない(嬉し泣き)
60オーバーの3キロ超も数枚釣れた。
IMG_544311.gif
正直、こんなに釣れて良いのかと思う。
その内、俺死んじゃうんじゃないか(笑)
IMG_544711.gif
頭の独特な流線型のフォルムと赤黒い色合いがカッコE~。
IMG_545211_2015031623120951a.gif
気が付けば、海も凪いで午後2時過ぎ。
反応も薄くなったので、終了となった。
IMG_545411.gif

俺にしては超出来過ぎな釣果!
30Lでは窮屈そう(苦笑)
IMG_546111.gif
でかいクーラー買おうかな????

入りきらないので、クーラー借りて。
IMG_546311.gif
真っ赤な真鯛に可愛いクロソイ。
スイミーじゃないよ!
知らんか(自爆)
IMG_546411.gif
超満足な釣行となりましたとさ。
IMG_547111_2015031623480347d.gif

船中で真鯛50枚弱。
ポテンシャル半端無いです。

タイトルが何故、“最高の日”か?
釣行日が3月15日・・・・・・・・・・・orz

お後がよろしいようで(笑)

Y課長、釣友Tさん。
今回はお誘いいただきありがとうございました。
凄く楽しかったです。
おかげさまで、腕が筋肉痛(爆)
タイミング合えば、また誘ってくださいm(_ _)m


【Tackle】
Rod:PAGRO GSONPC-63ML
REEL:AGGREST 100SHL
 PE:PE 2.0号
LURE:アンサー75g

【Result】
 真鯛:16、クロソイ:1
この記事のURL | Offshore | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Round1 酒田沖・・・
2014/04/30(Wed)
今年も、この季節がやって来た。

今日は、メバルに青物を狙う予定でタックルを準備し、お馴染みnikuziruさん、船頭さんと酒田沖へ出撃。
P42904821.jpg
中央に小さく鳥海山。
何度見ても綺麗な瞬間である。
P42904841.jpg
メバルポイントへ到着し、nikuziruさん、船頭さんはポツポツメバルを釣り上げる。
俺にはさーっパリあたり無し。

船:オカッパリと一緒だって!バーチカルなデットスローだよ!
研:あたりっってどんな感じ?モゾーって?
n:ゴゴンって。
研:・・・・じゃー絶対あたり無いわ・・・・・。

全神経を研ぎ澄まし、暫くすると・・・・。
ココン♪
今年最初の獲物は手の平サイズの

マイクロマゾイ・・・・(T_T)

お前かよ・・・・orz
P42904881.jpg
その後サイズアップしたものの・・・・

マゾイ!!

P42904891.jpg
渋いながらもポツポツ釣果を伸ばす二人。
対して、俺はこのマゾイ2匹のみ。

nikuziruさん、船頭さんは活性が悪いので、1箇所に留まらず、転々とピンポイントを探し船を走らせる・・。
P42905021.jpg

いよいよ、追い詰められて来た。
追加でマイクロマゾイを追加後、今度はこんな黄色いお魚。
P42905071.jpg

完敗(><)

昼まで粘ったが諦めて撤収、ラーメン食って帰りましたとさ。
IMG_53741111.jpg

魚を別けて貰ったので、マゾイと共に全部クールで実家に発送。
P42905091.jpg
通常の白メバルに混ざって、赤メバルも見える。
金色で且つ赤く、白メバルとは少々異なるカラーリング。
P42905101.jpg

nikuziruさん、船頭さんお疲れ様でした。
また、宜しくお願いします。

【カブラTackle】
Rod:PAGRO GSONPC-63ML
REEL:AGGREST 100SHL
 PE:PE 1.5号
LURE:アンサー 60g・・・・etc

不甲斐ない釣果に夜再出撃を決意するのであった。
Round2へ続く・・。
この記事のURL | Offshore | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブルーの魚影・・・・
2013/10/22(Tue)
またしても、酒田沖へ出撃。

今回のメンバーはnikuziru船長と船頭さん。
PA2105351.jpg
予報は波0mで周りの船も臨戦体制。

さてさて、何が釣れるか???
今回は、何時ものとこより結構沖目。

到着して、何を始めようか?
みんなはカブラで、俺はメタルジグ。

一投目から早々にHIT!!

何だろう???イナダ?
引きは少々軽い。
寄せてきて判明。
海面に浮かび上がるブルーの魚影。

シイラ


船まで来たところで、だいぶ抵抗されたが、初シイラで嬉しい(爆笑)
PA2105411.jpg
通称『ペンペン』って言うそうな(笑)
しかも、nikuziruさんのカブラにまでHIT!
恐らく見えている魚探の魚影はみんなシイラじゃね?
とか言いながら、nikuziruさんのカブラにだけ、キジハタが釣れる。
真似したけどダメでした~。

そんなこんなで、リトライしながら流したけど、ウネリがが大きくなったので、
岸寄りへ戻る事に。
PA2105471.jpg

しかし、アジが居ないんですよ。
ポツポツがインターバルで来る程度。
アジは何処に行ったもんですかね???

そんな状況を払拭してくれたのが、

イナダ

其処らじゅうにナブラ ナブラ ナブラ~!!!!

お土産のサビキにも2本も掛かると強靭なロッドもティップが海面に突き刺さる。
暴力的な引き&血の海。
PA2105441.jpg
最初はnikuziruさんが丁寧に血抜きしてくれてたんだけど、もう面倒になるくらいに釣れる釣れる。
もう、アジそっちのけでサビキを放置して、メタルジグでナブラ打ち。
ワンキャストワンHIT状態。
キャストして、ショートジャークにゴゴン!!!
しかも、脂が乗って太った魚体のトルクたるや、半端ない。
時々、スレ掛りで尋常じゃないPOWERで暴れまくる。
PEはブチ切れるし、スイベル伸ばされ、ジグ持っていかれるし。
正に戦場(笑)

そんな中、またもや珍客が。

前回も登場した

コダツ


PA2105501.jpg

ダツ(駄津)は、ダツ目ダツ科(Belonidae)に分類される魚の総称。狭義にはその中の一種 Strongylura anastomella の和名である。


概要

全世界の熱帯・温帯域から10属・32種が知られ、うち日本には4属・8種が分布する。日本のダツ類は浅い海に生息するものばかりだが、日本以外の熱帯域には汽水域や淡水域に生息する種類がいる。

同じダツ目のサヨリやサンマと同じく、前後に細長い体を持つが、ダツ類は両顎が前方に長くとがるのが特徴で、英名のNeedlefish(針の魚)もここに由来する。両顎はわずかに湾曲し、後方では閉じることができない。また、顎には鋭い歯もある。

背中側の体色は青いが、体側から腹面は銀白色をしている。ひれは小さく、胸びれ以外のひれは体の後半部に集中する。骨は青色や緑色をしており気持ち悪がられることが多いが、肉は半透明の白色で食用となる。

サヨリ、サンマ、トビウオ、メダカなどと同じダツ目に属し、これらと同じように沿岸域の表層(水面に近い所)に群れをなして生活する。尾びれをすばやく振って高速で泳ぎ回り、おもに小魚を捕食する。

捕食の際は小魚の鱗で反射した光に敏感に反応し、突進する性質がある。暗夜にダツが生息する海域をライトで照らすと、ダツが突進してくることがあるので夜間の潜水はとくに注意が必要である。実際にダツが人体に刺さって死傷する事故も多く、刺さると回転してさらに傷が広がる。沖縄県の漁師には、昔から「ダツは鮫より怖い」と言われているそうである[1]。ダツが刺さった時はむやみに抜くと出血多量に陥る場合があるので、抜かずに慎重に病院に行く。
by Wikipedia

nikuziruさんは刺身で食った事あるそうで、食べてみろと(汗)
味の保証はないが、不味くはないと・・・・。
そこまで言うなら、キープってみようかな???

結局昼過ぎまでイナダと戯れポイントを後にした。
PA2105551.jpg

お疲れ様でした!
PA2105581.jpg

どのクーラーBOXもイナダで満たされ。
PA2105601.jpg

イナダがズッシリ(笑)
PA2105621.jpg

えええええっと、上の青みの銀ピカ君は、何だっけ??
ホウボウでね~し、イシモチ?だっけか?、あと赤いのがキジハタ。
PA2105661.jpg

腹も減ったので、帰りに皆で『大丸』へ。
初めて来たラーメン屋さん。
DAIMARU.jpg

もちもちした食感のラーメン大盛り(自爆)
IMG_46781.jpg

旨い!!
でも、大盛りは大過ぎかもしれないので注意です(笑)

家に帰り、早速調理開始。
まず、シイラは食べた事がない。
PA2105791.jpg

フライで食べろとの教えに背き、あえて面倒でないオリーブオイルでソテーに。
見た目は美味そうに仕上がったが・・・。
PA2105821.jpg

実食!!

マズイ!調理法とかの問題ではなく、本気でマズイ・・・orz
もし、次ぎ釣れたらリリース決定(爆)

続いて、コダツを刺身に・・・・
背骨は噂通りの翡翠の色合いで、身はサヨリに近い色合い・・・・(汗)
PA2105851.jpg

実食!!

んんんんんん・・・・・・・分かんない(爆)
2切れ3切れ食べてみたが・・・・・・・旨くもなく不味くもなく・・・んんんん・・・・分からん。

美味しかったのは、脂の乗ったイナダとアジの刺身。
これは、絶品!!!

今回は、イナダフィーバーで最高おもろかった~(笑)

nikuziruさん、船頭さん、また誘ってくださいね!
この記事のURL | Offshore | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カブラで**
2013/10/18(Fri)
更新が遅れてしまった。

先日15日、nikuziruさん、ダメ上司さん、船頭さんと、何時もの面々で台風前に出撃。

今回のターゲットはシーバス????
三連休前は良かったとの事・・・・。

PA1505371.jpg

ところが・・・・。
2~3時間ほどミノー・ワームを投げ倒すが、ショートバイトのみで乗せられず。
唯一、コダツが掛かってきただけorz

この反応具合はまずいということで、まずお土産を確保。
PA1505411.jpg

ところが、反応が激薄。
船内はヤベー感が満ちてきた頃、思い切ったポイント移動が吉と出た(笑)
断続的に良型サイズが揃って釣れ続ける。
アジ・鯖・イナダ・青い子(笑)

釣ってる写真は相変わらず無いんですけど(苦笑)

太陽も頭上まで昇り、反応が無くなったので、撤収と思いきや
ダメ上司さんがどうしても、カブラで海の安全を確認したいと(大爆笑)

と、言う事でカブラポイントへ大きく移動。

しかし、最近パッとしないらしい・・・。
何度か底取って巻き上げていると、微かな反応。
何か小さいのが乗ったのは分かるが・・・・・。

魚種が判明。

えええ??? キ~ス~?????!

カブラにキス(大爆笑)

ん~何かのラブコメのタイトルみたい(巨爆)

カブラでキスが掛かるという新たな発見。
しかも、きっちり口に針が掛かっているので、捕食した証。

更に数投後、明確なアタリでティップが引き込まれるが離れた・・・orz
その直後にnikuziruさんがヒット!!
そっちに移っちゃったんか????
50cmオーバーの真鯛!
PA1505431.jpg
本当は異常無しで帰還するところだったが、来て良かったとnikuziruさん。

良い鯛だ(笑)

良型でしかも、そこそこ数釣れたので、実家にクール便でお届け。
PA1505461.jpg
美味しいって喜んでた~♪

脂の乗ったアジ最高っす。

nikuziruさん、ダメ上司さん、船頭さん、また遊びましょう♪
この記事のURL | Offshore | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。